菅野完(ノイホイ)氏の本質

以前、菅野完氏とツイートのやりとりをしたので、彼の本質がよく分かるものをピックアップして紹介しようと思います。

著書の『保守の本分 (扶桑社新書)』に、「右翼は反米を忘れたからダメになった」と従北バイアスがかかった言論を展開されております。

日本会議の研究 (扶桑社新書)』も有名ですが、日本会議悪魔化も、北と総連が一生懸命情報操作しています。何せ、朝鮮学校の無償化問題の集会に行くと、「日本会議がー!」「安倍がー!」と講演者が一生懸命演説しておられますからね。

ハイハイって感じ。

この方も、京都朝鮮学校襲撃事件をきっかけに、一生懸命反ヘイト、反差別、反排外主義で頑張っていました。

朝鮮学校の子供のために、在日一世、二世を殺しまくった相手に感謝し、褒めたたえる残酷な教育の実態を知れば、きっと北に強奪された民族教育を在日の手に取り返すことに協力してくれるだろうと思って色々ツイートしたのが2015年の末。

いやいや、若かった。本当に。

ちょっとでも期待した当時の自分を殴ってやりたい。

興味があるかたはこちらをどうぞ『https://togetter.com/li/912927

この中から、ひどいこというな~というツイートをピックアップしてみます。

“菅野完(ノイホイ)氏の本質” の続きを読む