少年団を通して北の独裁政権との一体感を醸成する朝鮮学校

北朝鮮中央通信より「朝鮮少年団第8回大会の参加者が金日成主席と金正日総書記の銅像に献花」の様子。

朝鮮少年団第8回大会の参加者が金日成主席と金正日総書記の銅像に献花 (2017.06.03)のサムネイル

朝鮮少年団第8回大会の参加者が金日成主席と金正日総書記の銅像に献花

【平壌6月3日発朝鮮中央通信】

朝鮮少年団第8回大会の参加者が3日、平壌の万寿台の丘に立つ金日成主席と金正日総書記の銅像に花かごを献じた。
大会の参加者は、主席と総書記の銅像に花かごと花束を献じ、あいさつした。

朝鮮学校ももちろん、この服装を子供にさせて、少年団・青年団に加入させています。

朝鮮学校のFacebook見ると、この服装が正装なんでしょうね。

そもそもこの独裁政権と一体感を醸成したいと思えるのが謎ですね。

その様子はこちら。

“少年団を通して北の独裁政権との一体感を醸成する朝鮮学校” の続きを読む