米第2師団創設100周年記念コンサート潰しと百田尚樹講演会潰し

韓国の反米団体が、紅衛兵のごとくイベントを潰しておられます。

韓米分断の先兵として、将軍様のご意向通り活動してますね。

日本でも似たような事件はあります。百田尚樹氏の講演会潰し。

紅衛兵市民を扇動したのは、反レイシズム情報センター(ARIC)の梁英聖氏。

著書の『日本型ヘイトスピーチとは何か: 社会を破壊するレイシズムの登場』を読む限り、典型的な従北さんですね。

この本、なかなかの名著です。

「北の、北による、北のための在日の歴史」に登場する在日神話をフルコンプリートしています。

「典型的な従北」というのは、無自覚な従北でもあります。情緒と価値観が北にとって都合の良い方向に形成されているので、将軍様の命令がなくともせっせと従北行動に邁進します。

北の歴史洗脳を受けた、憐れな操り人形といったところか。

そもそも在日一世、二世を殺しまくった暴君に感謝し、褒めたたえる教育をしている朝鮮学校に何も言わないどころか、維持することに加担している時点で差別を語る資格などないでしょう。

著書の経歴では東京都立大学卒となっていますが、高校までどの学校通ってたのか気になりますね。おそらく朝鮮学校卒業生じゃなかろうかと予想しています。

“米第2師団創設100周年記念コンサート潰しと百田尚樹講演会潰し” の続きを読む