韓国版自虐史観はこれを読めば分かる

韓国版自虐史観を知りたいなら、韓洪九(ハン・ホング)教授が書いた本がお勧めです。

特徴はこんな感じでしょうか?

  • 李承晩・朴正煕を徹底して否定し、民主化運動を神格化。
  • 韓国のニューライト学派による歴史見直しの動きを糾弾。
  • 日帝統治からの解放後、米国が親日派と結託したせいで軍国主義国家になったと主張。
  • 国家情報院を悪の組織のように書いている。
  • 教育は全教組ができたおかげでかなり改善されたと高評価。
  • 廬武鉉について、過去清算と良心的兵役拒否の2つは良かったことだと言い出す。
  • 李明博政権当初の狂牛病ロウソクデモを高評価。
  • 70年代以降の北のスパイは南の捏造が多いと主張。

まぁ他にも危険な記述がてんこ盛りでした。

“韓国版自虐史観はこれを読めば分かる” の続きを読む