『北朝鮮 絶望収容所』 赤ん坊を犬に投げ与える

北朝鮮を語る上で、絶対に読まなければならない本の一つに『北朝鮮 絶望収容所 (ワニ文庫)』があります。こういうありえないことをやってのける集団だという認識が一般常識化しないために、対北朝鮮外交がうまくいかないと言っても過言ではありません。

ホロコーストさえかすむことをやってのけるのが北朝鮮です。これを国家が主導して行っている、悪逆非道の犯罪行為です。これが日本のメディアでまったく注目されていないことに戦慄を覚えます。

“『北朝鮮 絶望収容所』 赤ん坊を犬に投げ与える” の続きを読む