廬武鉉はともかく金大中はちょっと惜しかった

韓国の保守派から、韓国が左傾化した諸悪の根源としてよく批判される金大中・廬武鉉政権。

廬武鉉政権は論外でしたが、金大中政権はうまくいけば南北統一への道が開けていた可能性はありました。

金大中政権の最大の失敗は、実権を持っていたのは金正日で金日成は裸の王様状態だったことを知らなかったことでしょう。

これは責めているわけじゃなくてしょうがないことでした。当時、そんなことを完璧に分かっていた西側諸国はまったくなかったわけですから。

“廬武鉉はともかく金大中はちょっと惜しかった” の続きを読む