北の残虐さを華麗にスルーする韓国従北左派の歴史観

何度か投稿していますが、韓国を代表するウルトラ自虐史観学派の韓洪九。

確かに朝鮮戦争前後の”共産主義者”と”帝国主義の手先”というレッテル貼りのやりあいと、その殺し合いには目を覆うものがありますが、その残虐な歴史を乗り越えて今の発展した韓国を作り上げたわけです。「色々失敗もしたし大変だったけど俺たち頑張ったよな~(泣)」くらいにしておけば良いのに、朝鮮戦争から80年代までの間をやたらと悪魔化するのが韓国の左翼です。

そもそもやたらと自国を否定し、北朝鮮をスルーする感性が謎です。

こりゃ凄いな!と思える韓洪九著書の一部を紹介します。

“北の残虐さを華麗にスルーする韓国従北左派の歴史観” の続きを読む