朝鮮系ソ連人の金日成が朝鮮人を民族浄化して建国したのが今の北朝鮮

北朝鮮とはどういう国か?

抗日武装闘争を繰り広げた民族の英雄である金日成が作ったのが朝鮮民主主義人民共和国。

これが北の公式見解です。

機密文書の公開など、色々と明らかになった史料を読めばソ連が連れてきた「朝鮮系ソ連人の金日成が朝鮮人を民族浄化して作った国が今の北朝鮮」というのが的確な歴史評価でしょう。

なにせ連れてきた当初は金日成の朝鮮語が下手くそでみんなガッカリしたそうですから。

“朝鮮系ソ連人の金日成が朝鮮人を民族浄化して建国したのが今の北朝鮮” の続きを読む

テロ防止法に反対する日韓の左派政党

去年の本ですが、北朝鮮がビシバシ韓国に対する工作を強化している中で、韓国でもテロ防止法が強化されています。

それに強硬に反対する韓国野党の姿が、日本の野党と同じ。

笑えないことなのですが、ここまでそっくりだと乾いた笑いが出てきます。

“テロ防止法に反対する日韓の左派政党” の続きを読む

朝鮮学校の子供の未来を破壊する金明秀教授

広島の朝鮮学校無償化裁判ですが、予想通り棄却されました。

本当に朝鮮学校の明るい未来を願うなら、、教育内容の是正と透明化を学校側に強く要求すべきだと思えるのですが、そうしないのが反ヘイト・反差別を掲げる左派の特徴です。

良かれと思って行動した結果、最悪な事態を巻き起こしたのが北朝鮮帰還事業です。

その失敗の歴史から何も学んでいないのが朝鮮学校に対する対応でしょう。

典型的な姿が、金明秀教授の言論。

“朝鮮学校の子供の未来を破壊する金明秀教授” の続きを読む

北の残虐さを華麗にスルーする韓国従北左派の歴史観

何度か投稿していますが、韓国を代表するウルトラ自虐史観学派の韓洪九。

確かに朝鮮戦争前後の”共産主義者”と”帝国主義の手先”というレッテル貼りのやりあいと、その殺し合いには目を覆うものがありますが、その残虐な歴史を乗り越えて今の発展した韓国を作り上げたわけです。「色々失敗もしたし大変だったけど俺たち頑張ったよな~(泣)」くらいにしておけば良いのに、朝鮮戦争から80年代までの間をやたらと悪魔化するのが韓国の左翼です。

そもそもやたらと自国を否定し、北朝鮮をスルーする感性が謎です。

こりゃ凄いな!と思える韓洪九著書の一部を紹介します。

“北の残虐さを華麗にスルーする韓国従北左派の歴史観” の続きを読む

廬武鉉はともかく金大中はちょっと惜しかった

韓国の保守派から、韓国が左傾化した諸悪の根源としてよく批判される金大中・廬武鉉政権。

廬武鉉政権は論外でしたが、金大中政権はうまくいけば南北統一への道が開けていた可能性はありました。

金大中政権の最大の失敗は、実権を持っていたのは金正日で金日成は裸の王様状態だったことを知らなかったことでしょう。

これは責めているわけじゃなくてしょうがないことでした。当時、そんなことを完璧に分かっていた西側諸国はまったくなかったわけですから。

“廬武鉉はともかく金大中はちょっと惜しかった” の続きを読む