韓国左派政権のメディア統制 『日中韓メディアの衝突』

軍事独裁から民主化を成し遂げたという文脈で、とかく韓国左派政権が肯定的に評価されがちですが、『日中韓メディアの衝突:新聞・テレビ報道とネットがつなぐ三国関係 (龍谷大学国際社会文化研究所叢書)』という著書で、金大中・廬武鉉時代のメディアへの弾圧の手法が書かれていました。

「第一章 韓国歴代政権のメディアと戦争」で、左派政権時代の言論統制のやり方が非難されています。

“韓国左派政権のメディア統制 『日中韓メディアの衝突』” の続きを読む