北韓(北朝鮮)糾弾 民団デモ 韓国のネットコメントが面白い

民団主催の北朝鮮核開発糾弾デモ。

台風が上陸する直前に滑り込みセーフでなんとか実施できました。

東京・大阪・名古屋・広島・福岡でデモを実施。

かなりの人数が集まり、民団の底力を感じさせてくれました。

<東京>

<大阪>

<名古屋>

<広島>

<福岡>

(写真は統一日報記事より:北の核・ミサイルに「やめろ」 全国5カ所で日本社会にアピール

この民団デモ、韓国でも報道されました。

NeverにUPされてますが、コメントが面白い。

いくつか抜粋します。

“北韓(北朝鮮)糾弾 民団デモ 韓国のネットコメントが面白い” の続きを読む

解散総選挙 消費税増税は安倍政権のアキレス腱になりかねない

解散総選挙が決まりました。

まぁ自民からすれば当然のタイミングかもしれません。

メディアでは大義がないというズレた批判が目立ちますが、選挙とは戦争です。勝てる見込みがあるから開戦に踏み切るのが当然。

大義名分もないわけではないですしね。

北朝鮮の核威嚇が繰り返され、米朝関係は悪化の一途。この情勢下で、韓国の左派政権が親北姿勢をなかなか捨てずに韓米関係も悪化の一途。

日本の安全保障を考える上で国民の信を問う良いタイミングかもしれません。

が、看過しがたいのが「消費税10%増税」が自民の公約に入りそうなことです。

下手をするとこれが敗北のきっかけになりかねません。

“解散総選挙 消費税増税は安倍政権のアキレス腱になりかねない” の続きを読む

安重根の情熱に共感しても手法は見習えない

韓国で大人気の安重根。

日本ではただのテロリストだと言われ、それに反発する韓国。

安重根の情熱や信念には共感しても、とった手段には否定的にならざる得ない。

例えるなら、江戸幕府末期に外国人に切りかかった侍みたいなもんでしょう。

日本で、こういう連中を英雄視する論調は皆無。強烈な愛国心はもちつつ、「和魂洋才」の精神で西洋を見習うべきだと改革を推進してきた坂本竜馬はじめ、明治維新の志士たちが英雄として教えられます。外国人相手に辻切繰り返した侍を褒めることはまずない。

“安重根の情熱に共感しても手法は見習えない” の続きを読む

今年も朝鮮学校は子供をソルマジ公演に送り出すのだろうか?

朝鮮学校高校無償化裁判。東京ではめでたく敗訴。

大阪ではまさかの勝訴。涙を流して狂喜乱舞する支援者。

北朝鮮がビシバシミサイル飛ばして、中国が絶対やるなよ!と言い続けてきた核実験もあっさり実行。

国際社会がどんどん北朝鮮に制裁を科して圧力を強める中、あたり前のように子供や朝鮮総連関係の在日が平壌へ渡航。

無償化裁判でも迎春(ソルマジ)公演が問題視され、裁判の争点の一つとなっていますが、果たして朝鮮学校は今年も子供を渡航させて、北の独裁者を褒め称えさせるのか?

(次の動画は2012-2016年のソルマジ公演編集版。もちろん2017年もやっている)

“今年も朝鮮学校は子供をソルマジ公演に送り出すのだろうか?” の続きを読む

『最後の「天朝」』北朝鮮と手を切ろうという学派

中国と北朝鮮は「血で結ばれた同盟」というステレオタイプの理解を神話だと一刀両断している本『最後の「天朝」――毛沢東・金日成時代の中国と北朝鮮(上)』『最後の「天朝」――毛沢東・金日成時代の中国と北朝鮮(下)』。

自由な言論がない中国でこういう意見が堂々と出ているということは、さすがの中国も北朝鮮の面倒を見切れないと悲鳴をあげている良い証拠と言えます。 “『最後の「天朝」』北朝鮮と手を切ろうという学派” の続きを読む