『光射せ!第4号』 収容所から戻った在日朝鮮人の指

北朝鮮が「在日の歴史」から徹底して消し去ろうとしているのが、北朝鮮へ北送され、収容所送りとなった数万人の在日朝鮮人の末路でしょう。

これを徹底的に隠蔽しているからこそ、今の朝鮮学校の教育が維持できていると言えます。

ヘイトスピーチや差別があるから朝鮮学校が変われないと言う主張も耳にしますが、もしその論理が成り立つなら、北朝鮮や朝鮮総連はネット上で差別を作りだすでしょう。

裏で右翼に金を流して、排外デモもやらせるでしょう。

そうすれば北の暴君にとって都合の良い教育内容を維持できるわけですから。

別に陰謀論でもなんでもなく、自明の理というやつです。普通に考えれば分かることです。 “『光射せ!第4号』 収容所から戻った在日朝鮮人の指” の続きを読む

北朝鮮の収容所にいた朝鮮戦争時の捕虜と思われる白人収容者

悪名高き北朝鮮の強制収容所。韓国人、日本人、在日コリアンは間違いなく大量に収容され、ナチスドイツのユダヤ人虐殺がかすむほどの残酷な殺され方をしています。

じゃあ北朝鮮が日ごろ口汚く罵っている米国人はどうなのかな?と思っていたところ、朝鮮戦争時に捕虜となった米兵と思われる白人の目撃証言がありました。

朝鮮戦争の停戦後にろくに捕虜を返していないのが北朝鮮ですので、証拠がないだけで収容所送りになった米国兵士はいるでしょう。

その内容はこちら。

“北朝鮮の収容所にいた朝鮮戦争時の捕虜と思われる白人収容者” の続きを読む

もはや奇行扱いされだした慰安婦像建設団

サンフランシスコに建設された慰安婦像について、マイケル・ヨン氏のブログでバッサリ切られています。

もはや狂信的カルトと化した韓国の慰安婦像の建設運動。いったいどこまで行くのか?このまま放置して行きつくとこまで行かせても良さそうな気がしてきました。

この慰安婦像建設運動について、マイケル・ヨン氏の指摘が秀逸です。

“もはや奇行扱いされだした慰安婦像建設団” の続きを読む

帰国事業で北送された日本人を貶める桜井誠

以前にも指摘しましたが北朝鮮帰国事業で北送された日本人たちを「お前らの意思で行ったんだろ?甘えるな!」という論調で貶めるのが元在特会会長の桜井誠。

保守を名乗りながらも北朝鮮にとって都合の良い論理で言論活動しているのが特徴です。利敵行為ならぬ利”北”行為を働く嫌韓保守がなんと多いことか。困ったものです。

北送され、塗炭の苦しみを味わった日本人をあっさり切り捨てれる人間に愛国を語る資格はないでしょう。

再度、その箇所を紹介しておきます。

“帰国事業で北送された日本人を貶める桜井誠” の続きを読む

女性国際戦犯法廷 北朝鮮の証言を使う弁護人不在の魔女狩り裁判

慰安婦問題に長年取り組んできた人たちが自画自賛する「女性国際戦犯法廷」。

実際は被告に対する弁護人もなく(常識的な法治の概念から著しく逸脱している)、シナリオが決まったただの魔女狩り裁判でした。

これらの慰安婦問題に熱心に取り組んできていた人たちの欺瞞を告発しているのが『崩壊 朝日新聞』。

朝日の謝罪から追及する声は下火になっていますが、朝日の罪は善意を掲げて韓国を赤い独裁体制側に押しやってしまったことでしょう。朝日の罪は反日ではなく、従北です。

おかげ様で北とガッツリつながっている危険な市民団体が、韓国を瓦解させるような行動を熱心にやるようになってしまいました。

朝日の言う日韓友好は「プラス北朝鮮とも仲良くしよう」という意思が隠蔽されています。そこが朝日の危険な点です。

“女性国際戦犯法廷 北朝鮮の証言を使う弁護人不在の魔女狩り裁判” の続きを読む