従北さんの思考回路「THAAD配備拒否」と「北の核武装には一理ある」

韓国を代表する従北大統領の廬武鉉。その最側近である現大統領の文在寅を理解するためには、廬武鉉時代を振り返るのが近道です。

今では総連やガッチガチの従北市民団体くらいからしか聞かなくなった「北朝鮮は国防のために核開発している。だから理解できる」という発言。

なんと廬武鉉大統領は現役時代に言っちゃってます。

自殺したからその後の追及がないだけで、もし生きてたら繰り返し糾弾されていたことでしょう。

“従北さんの思考回路「THAAD配備拒否」と「北の核武装には一理ある」” の続きを読む