「シベリアがなければマルクスもレーニン主義もない」北朝鮮に言いかえると…

かつて東ドイツ人のある保安関係者が「シベリアがなければ、マルクス主義もレーニン主義もない」と言ったそうです。(『粛清の王朝・北朝鮮』 P102)

北朝鮮に言いかえれば、「強制収容所がなければ主体思想も金日成主義もない」といったところでしょうか。

友人知人・地縁血縁のつながりを破壊する密告制。

親族根絶やしの連座制。

拷問と飢餓と暴力で人間を奴隷化する収容所の恐怖支配体制。

これなくして北朝鮮の体制維持は不可能でしょう。

“「シベリアがなければマルクスもレーニン主義もない」北朝鮮に言いかえると…” の続きを読む