著書『拉致と日本人』の妄言 北の政権が倒れるときは拉致被害者が殺される可能性がある

辛淑玉氏と蓮池透氏の共著『拉致と日本人』。

妄言のオンパレードです。ここまでひどい本もなかなかない。一見正しそうに見えるのがとっても危険。

北朝鮮がうま~く日本や在日社会に情緒コントロールの魔の手を伸ばしているわけですが(陰謀論でもなんでもなく北の通常業務)、見事にはまってしまった人の思考回路がよく分かる本です。

ツッコみどころがあり過ぎて何から指摘すれば良いか困惑しますが、投稿を何回かに分けて指摘していこうと思います。

まずはこれ。

“著書『拉致と日本人』の妄言 北の政権が倒れるときは拉致被害者が殺される可能性がある” の続きを読む