著書『拉致と日本人』の妄言 北朝鮮は在日朝鮮人を拉致しなかったし工作員の対象にもしなかった

先日の投稿(著書『拉致と日本人』の妄言 北の政権が倒れるときは拉致被害者が殺される可能性がある)に続き、辛淑玉さんと蓮池透さんの共著『拉致と日本人』からありえない主張を取り上げます。

本当に驚くのは「なぜ北朝鮮は在日朝鮮人を拉致しなかったのか?」という主張。

何を言ってるんだか。北朝鮮はバッチリ在日朝鮮人を拉致してます。

短期訪問のつもりで子供が渡航したら、北朝鮮から親御さんに「自分は祖国に貢献して生きていきたい。だから帰らない」という伝言を伝えられ、それから日本に帰ってこない。

これを「自分の意思で行ったから」と言われても信用できません。つまり拉致と判断すべき事件です。

親がディズニーランドに行くと連れていかれたら着いたところは北朝鮮。二人の子供は帰れず、その二人の戸籍はスパイ活動に利用される。これも拉致です。

恐るべきは祖国訪問に行ったらそのまま収容所送りになった事例。東京から収容所に直行です。これは姜哲煥氏が証言しています。とんでもない人権侵害です。

さらには北朝鮮は在日を信用していなかったから工作員の対象にもしなかったと言っています。さんざん自分はスパイをやっていましたと告白している在日朝鮮人の告白本が出回っているのに何を言い出すのか?

そのくだりはこちら。

“著書『拉致と日本人』の妄言 北朝鮮は在日朝鮮人を拉致しなかったし工作員の対象にもしなかった” の続きを読む