朝鮮学校の歴史観と韓国左派の共通する傾向 朝鮮半島問題は米国が根本原因

都合の悪いことはなんでも米国と日本のせいにするのが脳内が従北汚染された方々の特徴です。まぁ一つも原因がないとは言いませんが、数字で表したら9割以上は北朝鮮の責任なのになぜか良否論になるのが本当に謎。

北朝鮮が言うならともかく、韓国や日本のジャーナリストや知識人が同じような論調になるのは呆れるしかない。

さすがとしか言いようがないのが、韓国の親北左派団体の主張。

ロウソク民主主義を率いた核心勢力である、全国民主労働組合総連盟(民主労総)の 2017年9月4日の論評をみると、つぎのような主張が開陳されている。

「北朝鮮の核実験には懸念であるが、過去6回にわたる核実験を振り返ってみると、韓半島の核問題の根源は、米国の核攻撃の脅威を含む敵対的対北朝鮮政策にある……北米間の対決と戦争の危機の高まり、そして北東アジアの平和を根本から揺るがすことになるTHAAD配置強行が露骨になる状況で、朝鮮半島情勢を激化させるすべての軍事的行為と制裁措置を中断しなければならない」。

なぜ韓国は「核ミサイル危機」でも同盟関係を潰してしまうのか

北朝鮮が周辺国を核で威嚇するのは米国の敵視政策が原因という主張。

責任転嫁の極みです。

こういう姿勢は、1950年の朝鮮戦争に対する歴史観でも同じです。

露骨なのが親北人士養成教育をしている朝鮮学校の歴史教科書です。

“朝鮮学校の歴史観と韓国左派の共通する傾向 朝鮮半島問題は米国が根本原因” の続きを読む

『韓国民主化から北朝鮮民主化へ』 韓国の80年代~90年代、主体思想派全盛期の大学

韓国民主化活動を経て、北朝鮮民主化活動を命がけで続けている金永煥氏の著書『韓国民主化から北朝鮮民主化へ―ある韓国人革命家の告白』に、たとえ昔の韓国が軍事独裁政権だったとしても、なぜ北朝鮮への崇拝につながるのかが理解できないというまっとうな若者の疑問が紹介されていました。

“『韓国民主化から北朝鮮民主化へ』 韓国の80年代~90年代、主体思想派全盛期の大学” の続きを読む

韓国歴史教科書 南北分断はアメリカのせいと言い切る

朝鮮学校もとい、チュチェ学校の教科書を読み込み、そこに込められているイデオロギーや、どういう思考回路を形成させることを狙っているのか、それが分かるようになりました。まとめまるとこうです。

<日本の朝鮮学校 歴史教科書イデオロギー>

  • チュチェ人(=チュチェ思想の信者)を朝鮮人と誤認識させ、チュチェ人と同胞意識を育てる(オレオレ詐欺など目じゃない、民族民族詐欺)
  • 日本の植民地支配の残虐性を針小棒大にこれでもかと教え込む(それでもチュチェ人の朝鮮人弾圧よりマシなのが驚く)
  • 欧米や日本の列強諸国に立ち向かった我らが偉大なパルチザンを尊敬する
  • 市民は偉い
  • 軍隊は悪いやつ
  • 日本はもっと悪いやつ
  • 李承晩や朴正煕大統領は軍国主義の悪いやつ
  • アメリカは悪の総元締め
  • 資本主義は、帝国主義で、植民地支配だから悪である
  • 全体主義的暴君国家(中国、北朝鮮)の昔から連綿と続いていて、今もやってる悪逆非道は華麗にスルー
  • 金日成主席様と金正日将軍様は、在日を常に配慮してくださる、感謝しよう
  • 北朝鮮が在日の純粋な愛国心を利用して踏みにじったことは、全部日本政府に責任転嫁

この辺が、朝鮮学校もといチュチェ学校の歴史教育での狙いです。金一族賛美以外は日本の平和を愛するリベラルたちとほぼ一緒と言って良いでしょう。

まぁ北と総連が創作した歴史で教育している朝鮮学校が、いまだにそれを続けているのは当然と言えば当然。笑えないのは韓国がそういう歴史観にズンズン近づいていることです。

“韓国歴史教科書 南北分断はアメリカのせいと言い切る” の続きを読む

北朝鮮の政権が変わってこそ人権問題は解決する

北朝鮮が良くなるための意見は色んな人が述べていますが、個人的に大きな違いだと思っているのが「政権が変わること」を前提とするかどうか。

これを大前提とせず、今の北朝鮮の体制を保障した上での国交正常化をすることが、北朝鮮の人権問題の解決につながるという意見は百害あって一利なしと思います。

むしろ善意で人権蹂躙に加担する、ロクデナシだと言っても過言ではない。

だいたいヨーロッパや第三諸国などと北朝鮮はだいぶ前から国交結んでいるわけです。それでも自国民に対する人権蹂躙は止まっていません。

自分の兄貴を暗殺するテロを平然とやる。

サイバー空間で銀行強盗もする。

ミサイルも飛ばすし核実験もやる。

口汚く周辺諸国を脅迫する。

幹部を高射砲で粉々にし、肉片にガソリンかけて燃やす。

今でこそ制裁の一環で大使館閉鎖したりする国が増えてますが、数年前まで北朝鮮が国交を結んでいる国は最も多かったわけです。それでも数々のテロ犯罪、人権蹂躙は続けられていました。

国交正常化してこそ北朝鮮のすべての問題が解決するという幻想を抱いている人は、いい加減考えを改めるべきでしょう。

北朝鮮民主化運動を長年続けてきた金永煥氏も著書の中でこう述べています。

“北朝鮮の政権が変わってこそ人権問題は解決する” の続きを読む

日韓で共通する北朝鮮人権問題に対する左派の姿勢

中朝国境で人知れず北朝鮮民主化のために活動している金永煥氏の著書『韓国民主化から北朝鮮民主化へ―ある韓国人革命家の告白』に、日韓で共通する問題点が多くあります。

特に人権問題について熱心であるはずの左派側の姿勢。これが日本と韓国でまったく同じであることに驚きました。

その内容はこちら。

“日韓で共通する北朝鮮人権問題に対する左派の姿勢” の続きを読む