朝鮮学校の歴史観と韓国左派の共通する傾向 朝鮮半島問題は米国が根本原因

都合の悪いことはなんでも米国と日本のせいにするのが脳内が従北汚染された方々の特徴です。まぁ一つも原因がないとは言いませんが、数字で表したら9割以上は北朝鮮の責任なのになぜか良否論になるのが本当に謎。

北朝鮮が言うならともかく、韓国や日本のジャーナリストや知識人が同じような論調になるのは呆れるしかない。

さすがとしか言いようがないのが、韓国の親北左派団体の主張。

ロウソク民主主義を率いた核心勢力である、全国民主労働組合総連盟(民主労総)の 2017年9月4日の論評をみると、つぎのような主張が開陳されている。

「北朝鮮の核実験には懸念であるが、過去6回にわたる核実験を振り返ってみると、韓半島の核問題の根源は、米国の核攻撃の脅威を含む敵対的対北朝鮮政策にある……北米間の対決と戦争の危機の高まり、そして北東アジアの平和を根本から揺るがすことになるTHAAD配置強行が露骨になる状況で、朝鮮半島情勢を激化させるすべての軍事的行為と制裁措置を中断しなければならない」。

なぜ韓国は「核ミサイル危機」でも同盟関係を潰してしまうのか

北朝鮮が周辺国を核で威嚇するのは米国の敵視政策が原因という主張。

責任転嫁の極みです。

こういう姿勢は、1950年の朝鮮戦争に対する歴史観でも同じです。

露骨なのが親北人士養成教育をしている朝鮮学校の歴史教科書です。

“朝鮮学校の歴史観と韓国左派の共通する傾向 朝鮮半島問題は米国が根本原因” の続きを読む