歴史問題 日本の謝罪がうまくいかない理由

第二次世界大戦において、日本の謝罪がうまくいかないのはなぜか?

理由の一つとして、戦った相手が分断されてるからという点があります。

中国相手に謝罪したら「戦争したのは国民党だから台湾でしょ?」とツッコミが入る。

韓国相手に謝罪したら「北朝鮮にはしなくてよいのか!」とツッコみが入る。

朝鮮総連や日本の進歩的知識人から文句が来て、さらには「当時の韓国政府と日本政府が当事者を無視して取引した!」と日本政府や、韓国の保守批判に発展したりします。

分かった分かったと北朝鮮に謝罪しようにも、現在進行形で朝鮮人奴隷支配している相手に、70年以上前に朝鮮人を植民地支配したことを謝罪するのも納得がいかない。

自分たちを”金日成民族”と規定する相手に、他民族のことを謝罪するの?と当然の疑問がわく。

まぁややこしい。

“歴史問題 日本の謝罪がうまくいかない理由” の続きを読む