ハーバート・フーバー著『裏切られた自由』 一意見として聞くくらいが良い

保守界隈でコミンテルン陰謀論がもてはやされてますが、この手の話しは過去にもあったそうで、今は第三期目のブームが来たという感じらしいです。

その辺は秦郁彦先生の『陰謀史観 (新潮新書)』が詳しいです。

この手のブームを秦郁彦先生はこう評しています。

“ハーバート・フーバー著『裏切られた自由』 一意見として聞くくらいが良い” の続きを読む