朝鮮戦争 アメリカの休戦協定違反と李承晩

朝鮮戦争の休戦協定で重要なものに第4条60節にある「休戦協定締結後、いかなる他国の軍隊も3カ月以内に南北朝鮮から撤退すること」という条文があります。

中国は約束に従い1954年から1958年までの間に完全撤退。

しかし、米軍は今もなお韓国に駐留し続けています。

これを防いだのが小国がやるべき外交である「机をバンバン叩いて暴れる」交渉をやった李承晩。その結果生まれたのが「米韓相互防衛条約」です。

これは李承晩の大いなる成果です。

“朝鮮戦争 アメリカの休戦協定違反と李承晩” の続きを読む