北の暴君を称える朝鮮学校の子供たち 2018年在日朝鮮学生少年芸術団 迎春公演(ソルマジ公演)

2017年12月31日の「学生少年たちの2018年迎春公演」に参加した89人の在日朝鮮学生少年芸術団。朝鮮学校に通う子供たちが選抜されて編成され、1987年から2015年を除いて毎年行われています。

最後の締めは「ああ~父なる、金正恩元帥様。どうかどうか安寧でありますように」と称える。

帰国事業で北送され、自由をはく奪され、無実の罪で家族丸ごと収容所送りとなり、飢餓と拷問と暴力と強制労働の末に死んでいった在日一世・二世たちが見たら血の涙を流すこと間違いなしでしょう。

朝鮮新報の日本語版でも堂々と掲載されています。

“北の暴君を称える朝鮮学校の子供たち 2018年在日朝鮮学生少年芸術団 迎春公演(ソルマジ公演)” の続きを読む