この情勢下で忠誠の公演に行く在日朝鮮人芸術団

悪名高き朝鮮学校のソルマジ公演。

この子たちが大人になるとこうなるという例が平壌で忠誠の公演を行う在日朝鮮人芸術団の面々。

平壌に訪問して帰国事業で北送された在日一世・二世を大量虐殺した金正日の誕生日を称える公演をやっています。

“この情勢下で忠誠の公演に行く在日朝鮮人芸術団” の続きを読む

米国と韓国 安保と通商を分けているのはどちらか?

韓国の文在寅大統領が米国の通商圧力に対して、「決然と対応」するとしてWTO提訴を検討しているとのこと。

中国がTHAAD配備で嫌がらせしまくってた時とはうってかわって大変勇ましい発言です。

どう考えても中国に対してやったように、圧力緩和に向けた粘り強い外交交渉を米国に対してやるべきだと思えるのですが、そんなことはやらない。いきなり対決モード全開で「WTO提訴するぞ!オラァ!!」と言い出しました。

安保に影響するのではないか?という懸念に対して、文在寅大統領の言い分は「安保と通商は別、ツートラックで対応する」「不合理な保護貿易措置には毅然と対応する」「韓米FTA(自由貿易協定)違反の有無をチェックする」とのこと。

科学的根拠を無視して韓国国民の感情で判断した日本の水産物輸入規制はどうなのよ?と言いたくなります。

まぁそれはそれとして、今回の通商圧力は北朝鮮に宥和的な韓国への懲罰的な意味合いがあるという解説をよく目にします。

これは考え方がまったく逆です。

安保と通商を分けているのは米国の方で、一連の通商圧力は韓米FTAの見直しの延長でしかありません。

“米国と韓国 安保と通商を分けているのはどちらか?” の続きを読む

慰安婦ハルモニが死んだら韓国国内で支援団体への復讐が始まる

予想ですが、慰安婦ハルモニが死んだら今まで支援団体の横暴の被害にあった人たちの復讐が始まると思います。

具体的に言えば挺対協への復讐。

慰安婦ハルモニに疑問を呈したり批判をしたら「訴訟」と「暴言」と「物理的圧迫」という言論弾圧を繰り返してきたわけです。それができるのも自由にコントロールできる慰安婦ハルモニという鉄壁の盾があるから。

慰安婦ハルモニが全員死去してその盾が無くなったら散々ひどい目にあわされてきた人たちが反撃を開始すると思われます。

韓国内でも次のような意見が出ているわけですから、復讐戦の準備は着々と進んでいると思われます。

“慰安婦ハルモニが死んだら韓国国内で支援団体への復讐が始まる” の続きを読む

SNS上でしか目立った差別を発見できなくなってきた

2018/2/6放送の『NHKニュース おはよう日本』で、サッカーでの差別言動を無くすための取り組みが紹介されていました。

基本、差別言動を無くすことは良い活動だと思っていますし、継続的な取り組みは応援したい。

ただ、北朝鮮への批判をなんでも差別扱いして封殺しようとする人たちが一定数入り込んでいるので、その辺がやっかいだな~と思えます。

“SNS上でしか目立った差別を発見できなくなってきた” の続きを読む

韓国と台湾の映画とドラマ

日本では韓流ドラマや映画が、音楽と共に完全に定着し、ブームから安定成長期に移りました。

北朝鮮がいくら嫌韓扇動したところで、この流れは止まらないでしょう。

韓国と同じように台湾のドラマや映画が日本で流行らないかな~と期待して、良い作品がないかとレンタルDVDを色々借りてます。

台湾をディスるつもりはさらさらないのですが、ちょっと微妙ですね~。

ぶっちゃけあんまり面白くない。

マーケットが小さいしょうがないのかもしれません。

“韓国と台湾の映画とドラマ” の続きを読む