限定攻撃をやるくらいなら、空から支援物資と銃を落としまくった方がいい

米国によるブラッディ・ノーズ作戦(=北朝鮮が反撃を躊躇するくらいの制限的な攻撃)や、核施設に的を絞った攻撃、首脳部を狙った斬首作戦。色んな作戦で机上戦争が繰り広げられています。

いつもネックになるのはソウルの脆弱性。北朝鮮から砲弾が降りそそぎ、ソウルが破壊されるという北朝鮮の軍事的優位。これが怖くて軍事攻撃ができず、北朝鮮の言うがままに韓国が翻弄されています。

消極的対応として経済制裁の徹底化以外に手段がないわけですが、これもあの手この手で抜け穴を見つけ、北朝鮮経済が窒息死しないよう対応してきます。

閉塞状態の対北圧力ですが、まったく新しい方法を考えてみたいと思います。

“限定攻撃をやるくらいなら、空から支援物資と銃を落としまくった方がいい” の続きを読む