帰国事業 北に殺された総連幹部リスト 民団新聞2012年5月30日

2012年5月30日の民団新聞に帰国事業で北送され、その後殺された総連幹部のリストが掲載されていたので紹介しておきます。

政治犯収監者、元朝総連幹部・北送同胞25人

韓国・国家人権委『2012 北韓人権侵害事例集』
リストの1割近く…「在日」の大量被害裏付け

韓国の国家人権委員会は今月、『2012 北韓人権侵害事例集』を発行した。国家機関としては初めてのことだ。人権委は昨年1月、北韓人権特別委員会を構成し、3月には北韓人権侵害申告センターと北韓人権記録館を設置。この1年間で脱北者(北韓離脱住民)834人を面談調査し、人権侵害事例と証拠を収集する一方、記録・保存の体系化に努めてきた。その成果の一部を公表した。

“帰国事業 北に殺された総連幹部リスト 民団新聞2012年5月30日” の続きを読む

金正恩の見た目

豚だの受話器ヘアーだのとかく罵られることが多い金正恩の見た目。ブクブク太って良い物食ってそうなのも非難される一因です。

金日成の見た目を意識しているそうですが、あの体系や髪形以外にふさわしいものがないと言われれば、そうかもしれないなと思えます。

仮に、シュッと痩せていて好青年のような見た目だとすると、貫禄なさすぎで微妙です。

まだ35歳程度の年齢。50代、60代の各国首脳と比べたらただの若造でしかありません。

下の写真は、金正恩を画像修正で細く加工したものらしいですが、なかなかのイケメンです。

有能な若手官僚という感じ。しかし、独裁国家の国家元首となると微妙です。

“金正恩の見た目” の続きを読む

北朝鮮の巧みな外交

まさかの金正恩本人による訪中。いや~、大したもんです。

このまま米朝会談しても最後通牒を突き付けられて終わる可能性がありますから、中国との電撃的な関係改善で米軍の軍事侵攻を非常にやりづらくさせてきました。

そうと明言しなくとも中国の後ろ盾をちらつかせるだけで、手は出しづらくなります。中国も戦争は回避したいでしょうから、そういう使われ方をされても黙認するでしょう。

米中貿易摩擦が激化して、米中関係がぎくしゃくしている中でのこの一手。非常に巧みです。

“北朝鮮の巧みな外交” の続きを読む

倉持弁護士を切れなかった山尾議員

山尾議員に文春砲が炸裂いたしましたね。倉持弁護士がどうやらクズっぽいというのは、病気の妻に対する対応から、それこそ当選する前から分かってたわけです。

よく政治家の能力とは別だという擁護論が聞こえます。私も同感でして、道徳的かどうかというのと政治家の能力は別だと思います。

ですが、その政治家の能力も、当選後に倉持弁護士を遠ざけられなかった時点でアウトでしょう。

この件では、小林よしのり氏の弁護が非常に見苦しい。

“倉持弁護士を切れなかった山尾議員” の続きを読む

「蔑視」の反対は「非蔑視」ではなく「敬する」である

韓国専門家の田中明先生の著書に、「蔑視」の逆は「非蔑視」ではなく、「敬する」だと書かれていました。

非常に納得できる指摘です。

差別を無くすために差別する側の「蔑視」を批判して、「蔑視してはならない」と一生懸命啓蒙しても、実は蔑視観はなくならなかったりします。

一番良いのは、成功物語の啓蒙でしょう。

そういう点では、『「親日の在日」として』という本で、アメリカンドリームならぬ、ジャパンドリームを成し遂げたことを誇っても良いのではないか?という点に意見には大賛成です。

“「蔑視」の反対は「非蔑視」ではなく「敬する」である” の続きを読む