収容所よりトップの豪遊にショックを受ける北朝鮮留学生

中朝国境で北朝鮮を自由化・民主化への道へ誘導すべく地下活動をしていた金永煥氏の著書『韓国民主化から北朝鮮民主化へ―ある韓国人革命家の告白』から、収容所の実態より、指導層の腐敗にショックを受ける北朝鮮留学生とのやりとりがあったので紹介しておきます。

収容所の地獄にも当然ショックを受けるのでしょうが、それ以上に「将軍様も空腹に耐えてるんだ、だから一緒に頑張ろう!」と呼びかけていながら、実は好き勝手に豪遊していた。こういうことの方がショックが大きいようです。

“収容所よりトップの豪遊にショックを受ける北朝鮮留学生” の続きを読む