訪朝特使代表団 最後通牒か朝貢か?

世界中から、特に米国と日本から注目を集める韓国の訪朝特使代表団。果たして非核化への道筋をつけれるのか?

とりあえず金正恩はえらい良い笑顔です(トップ画像)

晩餐会も和気あいあいと行われた模様(まぁ写真だけではなんとも言えないですが)

昔、金日成・金正日と会談したときも、カリスマ性があるとか、隠れ改革者だとか色々な評価が乱れ飛んでいました。今思えば衆愚の極みでしたね~。

特に金正日が隠れ改革者で、内心は改革開放に導きたいのに北朝鮮の軍部強硬派のせいでできないんだ、だから追い詰めるのは良くない、むしろ宥和政策で金正日の後押しをすべし!という言論が幅を利かせてたくらいです。

実態は逆で、強硬派なのは金正日その人。

いいように支援物資取られて崩壊寸前の朝鮮人奴隷支配体制を補強するはめになりました。

さすがに同じ過ちは繰り返さないと信じたいですが、今回はどうなるか?

“訪朝特使代表団 最後通牒か朝貢か?” の続きを読む