『韓国の民族意識と伝統』在日朝鮮文化人への疑問 その4 統一すればすべて解決というが統一するまではどうするのか?という省察はない

 3日続けて田中明氏の『韓国の民族意識と伝統 (岩波現代文庫)』から在日朝鮮知識人への疑問を紹介してきましたが、最後に「統一されれば万事が解決する」というよく聞くセリフや、「在日コリアンの青年を良くするも悪くするも日本社会の対応如何にある」という意見について、著者が抱いた疑問を紹介します。

著者はこれらの発言について、受動的で主体性がないと喝破しています。

“『韓国の民族意識と伝統』在日朝鮮文化人への疑問 その4 統一すればすべて解決というが統一するまではどうするのか?という省察はない” の続きを読む