『私のエッジから観ている風景』を読んで

民族学校ではなく日本の学校に通い、日本籍もとっている在日コリアンの若者が書いた『私のエッジから観ている風景: 日本籍で、在日コリアンで』という本を読みました。

大多数の在日コリアンの最大公約数的な考えが知れる良書だと思います。

もちろん本人に在日の相違を代弁するなどという考えはないでしょうが、だいたいみんなこういう考えなんだろうな~という気はします。

前書きの部分などを読むと、こういうめんどくささを背負わされて大変だよな~、と共感してしまいます。

“『私のエッジから観ている風景』を読んで” の続きを読む