なんだかんだで選挙公約は全部実行しているトランプ大統領

イランの核合意から米国が離脱。核合意に基づく対イラン経済制裁を再開する模様です。

なんだかんだでどれだけ反発されようが選挙公約を愚直に実行しています。

メディアは批判的ですが、トランプ大統領の言うことにも理はあります。

経済的利益を考えれば欧州側の意見に理があるでしょうが、核不拡散を第一に考えれば米国側の対応にも正当性は大いにあります。

どこまで信頼できるかはともかく、イスラエルが公開したイランの核兵器開発の証拠が本当なら、合意違反をしたのはイランです。普通に考えれば制裁を再開しなければならないでしょう。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は4月30日、イランが過去に核兵器の開発計画を進めていたことを示す「極秘ファイル」だとする資料を公開した。

ネタニヤフ首相は、イスラエルの情報機関がイランの首都テヘランにある秘密施設から入手したとする資料の「正確なコピー」を公表した。「アマド計画」と呼ばれるイランの核兵器開発に関する5万5000ページの書類と、183枚のCDに入った5万5000のファイルが含まれる。

イランは密かに核兵器開発を推進=イスラエル首相

もちろんイラン側は嘘っぱちだと反発していますし、ちゃんとIAEAの査察も受け入れて合意したんだろう!と怒っています。

欧州はイラン寄りですが、もしイスラエルや米国が仮にイランの核開発継続の証拠を提示したりすれば、米国側に転ぶ以外にないでしょう。

そうなったらイラン情勢は混迷を極めることになりそうです。

米朝会談への影響も大きい。

“なんだかんだで選挙公約は全部実行しているトランプ大統領” の続きを読む