『北朝鮮 泣いている女たち』泥を食べて飢えをしのぐ

この世の地獄と言える北朝鮮の政治犯収容所。そこから生きて出られた人たちの証言を無視してはいけません。

この圧政が改善されない限り統一など夢のまた夢。

平和と反戦を声高に叫ぶのであれば、ホロコーストさえ真っ青になる北朝鮮の政治犯収容所の廃絶にも声を上げるべできでしょう。

泥を食べて飢えをしのぐ収容者たちの姿を『北朝鮮 泣いている女たち―价川女子刑務所の2000日 (ワニ文庫)』から紹介します。

“『北朝鮮 泣いている女たち』泥を食べて飢えをしのぐ” の続きを読む

さっそく綻びが見えてきた対北朝鮮交渉

南北閣僚級会談が中止となりました。

北朝鮮の言い分は、板門店宣言に違反しているとのこと。

まぁ当然でしょう。別の投稿でも書きましたが、板門店宣言を読む限り合同軍事演習は中止しなければいけません。当然北朝鮮は文句を言ってきます。予想通りの展開ですね。

韓国は突然の通知に驚いているなんて言ってますが、予想できてないとしたら無能もいいところです。

“さっそく綻びが見えてきた対北朝鮮交渉” の続きを読む

従北偽装保守『余命三年時事日記』が漫画化、内容が悪意の塊

大変分かりやすい従北偽装右翼本の『ジャパニズム34』で、これまた典型的な従北偽装右翼サイトの余命三年時事日記が漫画化されておりました。

この辺のあくなく歴史洗脳プロセスは大したもんです。

愛国の仮面をかぶっているいるからと言って、無条件に信じるといいように踊らされることになります。

それにしても内容が悪意の塊と言える内容でした。

(※過去記事をUpdate)

“従北偽装保守『余命三年時事日記』が漫画化、内容が悪意の塊” の続きを読む

北朝鮮レストラン 集団脱北女性の送還問題

2016年に中国の北朝鮮レストランの従業員13人が集団脱北した事件で、北朝鮮に送還すべきだという意見が韓国で出ています。

韓国の国情院が選挙のために企画し、脱北を望まない人も含めて脱北させた、ゆえに拉致だと韓国の弁護士団体が国情院を告発したとのことです。

ちょうどソウルにいたのでこの件を1000人越えの脱北を手引きした牧師さんに聞いたところ、「脱北を望まない人も含まれていた」「たださすがに大問題になるため送還はしないだろう」とのことでした。

そりゃそうだろうとその時は思っていましたが、その後の放送を見ると文在寅政権なら送還しかねないなと思えます。

“北朝鮮レストラン 集団脱北女性の送還問題” の続きを読む

恩師「韓鶴洙先生」のことを忘却させ、阪神教育闘争は代を継いで神格化

(※過去投稿を更新してUP)

朝鮮学校の教育が、なぜ洗脳教育なのか?

それは、「教えなければいけないことを教えていない」、からです。

「都合の良い情報しか与えない」ことが洗脳の第一歩と言えます。

大多数は「金正恩元帥様」なんて心から思っていない、というのはその通りでしょう。

ふざけた言い訳です。

ことの本質をまったく分かっていません。

自分たちのよって立つところを築き上げてきた在日一世と、朝鮮学校の先輩たち数万人を虐殺した相手に、「悪感情」を抱いていない時点で洗脳教育が成功している証左と言えます。

「向こうの流儀だしまぁいいや」程度の感情しか抱かず、嘘だとしても「敬愛する金正恩元帥様!!」とソルマジ公演で子供に絶叫させたり、金父子の銅像に頭を下げれることがそもそもありえません。

完璧に神格化されている「阪神教育闘争」と、それとセットになっている「金太一少年」のことはみんな知っていますが、朝鮮学校の黎明期を支えた恩師のことは誰も知らない。これこそが洗脳教育をやっていることの証左でしょう。

『光射せ!第7号』から、大阪の古い活動家や在日同胞なら知らない人はいない、と言われた朝鮮学校の校長先生の末路を紹介します。 “恩師「韓鶴洙先生」のことを忘却させ、阪神教育闘争は代を継いで神格化” の続きを読む