東欧をロシアから守る意志に欠けるNATO

トランプいわく「NATO加盟国はもっと金出すべし」。

NATOとの同盟関係を損なうと批判されてますが、内心よくぞ言ってくれたと思う安全保障関係者は多そうです。

そりゃそうでしょう。昔からの惰性もあるんでしょうが、NATOの拠出金負担、米国が7割ですよ。不満もたまるわな。

本当にNATOのために使われてるか?と細かく計算したら、もっと比率は下がると指摘する人もいますが、そうだとしても低すぎです。

国防費のGDP比2%の目標でさえも達成している国は29カ国中わずか5カ国(米国・英国・ギリシャ・ポーランド・エストニア)。米国を除けばヨーロッパでは4カ国です。

バルト三国やポーランド、フィンランド、スウェーデン、ウクライナをEUの同胞だと思うのであれば、もっと防衛費を出し、ロシアに対抗してしかるべきでしょう。

“東欧をロシアから守る意志に欠けるNATO” の続きを読む