『BRICS+』の参加国 かつての大東亜会議を思い出す

先月行われたBRICS。

「BRICS+(プラス)」と称して非BRICS構成国を招聘していますが、その国のメンツを見ると大丈夫か?と心配になる面々。

22カ国にはアンゴラ、アルゼンチン、トルコ、ボツワナ、コンゴ、エジプト、ガボン、レソト、マダガスカル、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、ルワンダ、セネガル、セーシェル、タンザニア、トーゴ、ウガンダ、ザンビア、ジンバブエ、ジャマイカ……などがある。

「BRICS+」でトランプに対抗する習近平──中国製造2025と米中貿易戦争

“『BRICS+』の参加国 かつての大東亜会議を思い出す” の続きを読む

崩れそうで崩れないトランプ支持率

とかく評判が悪いトランプ大統領。

支持率も大暴落するかと思いきや、驚きの粘り腰。

支持率40%前後からなっかなか落ちない。

ほんと不思議です。

共和党支持者内でのトランプ支持にいたっては8割を越えます。ビビるわ。

逆に民主党支持者のトランプ支持率は8%です。笑うわ。

真っ二つの米国。もはや共和党教と民主党教の2大宗教の国ですね。

“崩れそうで崩れないトランプ支持率” の続きを読む

南北共同安重根遺骨発掘事業 嫌な予感しかしない

南北共同で、安重根の遺骨発掘事業をやるそうです。

もうね、嫌な予感しかしない。

そもそも見つかるかも怪しいですし、本物かどうか判断するのも難しいでしょう。

見つからない限り、延々この事業は継続します。

こういうのだってタダじゃありません。

南北がお互い予算と人員を割いて、取り組む必要があります。

調査範囲も、日本、韓国、北朝鮮、中国(旧満州地域)と広範囲です。

“南北共同安重根遺骨発掘事業 嫌な予感しかしない” の続きを読む

台湾の慰安婦像 韓国とは対照的な対応

台湾で国民党の馬英九前総統が中心に、慰安婦像が電撃的に建設されました。

国民党台南支部の敷地内で行われる慰安婦像除幕式の様子=8月14日撮影

バックに中国がいることは米国や韓国での慰安婦運動と共通してますが、韓国の慰安婦運動とは対照的です。

韓国の場合は全国民的な運動になっていますが、台湾の場合は国民党が「政争の具に利用している観」が尋常じゃないです。

“台湾の慰安婦像 韓国とは対照的な対応” の続きを読む

文大統領の光復節祝辞 親米を親日にすり替える

文大統領の光復節祝辞で、看過できない言説がありました。

ヤバイなと思ったのは次の内容。

特に「親日の歴史は決してわれわれの歴史の主流ではなかった」として何度も提起してきた「主流交代」への意志を再度明らかにした。文大統領が「政治の主流勢力を交代しなければならない」と話したことはあるが、交代すべき「旧主流」が親日勢力だと規定したのは初めてだ。

<光復節祝辞>文大統領、「交代すべき主流=親日勢力」初めて明らかに

要は、建国大統領の李承晩や、経済大統領の朴正煕を親日派とレッテル張りして、その流れを継承する政治勢力は交代すべき旧主流派だということです。

“文大統領の光復節祝辞 親米を親日にすり替える” の続きを読む