財政が絶好調のドイツ しかしEUのためにはきっと使わない

ドイツの財政が48.1億ユーロの黒字とのこと。

EUはドイツの独り勝ち状態ですね。

これがドイツマルクだったら通貨がかなり強くなってこれほど貿易で荒稼ぎはできないはず。

それを理解して経済の弱い国に財政支援すれば良いのに、ドイツでは減税か?福祉か?教育か?と空前の財政黒字を何に使うか嬉しい議論が繰り広げられているようです。

“財政が絶好調のドイツ しかしEUのためにはきっと使わない” の続きを読む

マレーシア 中国主導の大規模高級住宅地、外国人には売らないことを決定

マレーシアのマハティール首相が、中国主導で進むフォレストシティの大規模高級住宅地を外国人に売らないことを決定した模様。

購入者は8割が中国人。

「外国人に販売しない」と言っていますが、中国人狙い撃ちは明らか。

鉄道に続き、中国人の静かなる侵略を水際で排除しているようです。

“マレーシア 中国主導の大規模高級住宅地、外国人には売らないことを決定” の続きを読む

進撃の文在寅:南北一体は誰にも止められない

文政権がますます北朝鮮にのめり込んでいます。

韓米関係を壊すような真似はしないだろうから、いくら親北でもすぐ限界が来るだろうと思ってました。

いやいやいや、なめてましたね。近頃本音を隠そうともしません。

いよいよ米国の制止を振り切って、北朝鮮の懐に飛び込んでしまいそうな勢いです。

“進撃の文在寅:南北一体は誰にも止められない” の続きを読む

デンマークの移民政策『ゲットー・プラン』

前々から気になっていましたが、デンマークで「ゲットー」という歴史的にマイナスイメージしかない用語をあえて使って、移民政策の見直しを進めています。

このことを始めて知ったのは2018/7/10の『アメリカ通信』というネット放送。やべぇことになってるなとこの時思いました。

それがとうとう、NKH BS1の「国際報道2018」で特集されていました。

よくこの手の報道を引用して日本の外国人受け入れ政策について、このままいったら日本は将来こうなるぞー!と危機感を煽る輩がいますが、EUの事例なんてまったく参考になりません。

EU難民・移民問題は次元が違いますから。

限界まで一生懸命頑張って、いよいよ瓦解の危機に直面しているEUという側面で理解すべきだろうと思います。

“デンマークの移民政策『ゲットー・プラン』” の続きを読む

予想通りの徴用工裁判開始

予想通りと言えば予想通りの「徴用工裁判」審理開始。

朴槿恵政権下で、審理を止めていたことがはっきりした!と、積弊清算チームの皆さんが突き止め、請求を棄却しづらい雰囲気を大いに作ったうえでの審理開始です。

国民情緒で裁判結果が変わる国ですから、市民団体側の要求する通りの判決を下すかもしれません。

“予想通りの徴用工裁判開始” の続きを読む