在日朝鮮人運動は白頭山の不世出の偉人たちの指導のおかげ

在日朝鮮人運動の歴史を作ったのは白頭山偉人たち(金日成・金正日・金正恩)のおかげという朝鮮中央通信の記事。

これを「ふざけんな!在日朝鮮人の歴史は自分たち自身で作ったものだ!!お前らの世話になんかなってねぇ!!」と怒る人が出てこないのが謎ですね。

「労働新聞」 在日朝鮮人運動史は白頭山の不世出の偉人たちの指導の下での勝利の道程

【平壌9月28日発朝鮮中央通信】

“在日朝鮮人運動は白頭山の不世出の偉人たちの指導のおかげ” の続きを読む

朝鮮学校無償化敗訴は当然 反同胞・反朝鮮民族教育を続ける限り無償化は不可能

大阪高裁が朝鮮学校の無償化の訴えを棄却。日本の司法はちゃんと機能してました。喜ばしいことです。

そもそも朝鮮学校の卒業生や先生、総連活動家を含む10万弱の在日朝鮮人が北朝鮮で自由を完全に抑圧され、無実の罪で万単位で収容所送りになり、その後、拷問と飢餓と暴力と強制労働の末に殺されていったことを徹底して隠蔽し、あまつさえその人権蹂躙を行った相手に好感を持つように教え込む教育が無償化の対象になるわけがない。

北朝鮮との外交や拉致問題だけを取り上げて、無償化は不当だと言い募りますが、完全な論点ズラしです。

朝鮮学校の問題点は、反同胞的・反民族的な教育内容です。

朝鮮人と大量虐殺している北朝鮮政府が掲げる「同族同胞教育」は、そのまま「反同族反民族教育」でしょう。

“朝鮮学校無償化敗訴は当然 反同胞・反朝鮮民族教育を続ける限り無償化は不可能” の続きを読む

北朝鮮の人権蹂躙を強調した去年の韓国国会トランプ演説が懐かしい

人権の「じ」字もでなくなった北朝鮮情勢。

核にすべてを注目させて、一番触れてほしくない体制維持の肝である「人権蹂躙」には目を向けさせないことに成功しています。

このまま進めば、ホロコーストも真っ青になる最悪な政治犯収容所を運営する国家に、経済支援・人道支援を行うという間接的な人権侵害が行われるでしょう。

あまりに困窮して奴隷を叩くムチを振るう力もなくなった奴隷主に、ごはんを食べさせて新しいムチを与えるようなものです。

そろそろ人権問題も交渉の遡上に乗せるべきでしょう。

別に交渉が破綻すれば良いと思っているわけではなく、時限爆弾みたいなもんでいつかは触れなければならない問題です。

強力な制裁を維持できている間に、核だけでなく人権問題についてもちゃんと北朝鮮側の改善する意思を確認しておくべきです。

が、そんな気配はなし。

去年の韓国国会で行ったトランプ大統領の演説が懐かしい。

“北朝鮮の人権蹂躙を強調した去年の韓国国会トランプ演説が懐かしい” の続きを読む

次元の違う北朝鮮の慰安婦証言:犬で犯そうとし、胎児を刺し殺し、子宮をタバコで焼き、朝鮮と中国の女性150人を並べて首を切る

北朝鮮の慰安婦ハルモニの証言が多数収録されている『無窮花(ムグンファ)の哀しみ―「証言」性奴隷にされた韓国・朝鮮人女性たち』。

今では韓国の専売特許のようになっている慰安婦問題ですが、よくよく証言の出元を精査してみると、ぶっとんだ内容の証言はだいたい北朝鮮発。

つまり北朝鮮がこの件を炎上させるべくせっせと活動してきたわけです。

さんざん炎上させてきたのに、今では存在感を消して慰安婦問題についての日本国民の怒りはすべて韓国に向くようになっています。

大変巧妙な北朝鮮の日韓分断工作。見事の一言です。

大事なのは、慰安婦問題に熱心に取り組んでいる人たちは「北朝鮮発の慰安婦証言を信じている」ということ。北朝鮮発の証言だと信ぴょう性を疑われるから大々的に言わないだけであって、北朝鮮の元慰安婦は真実を語っており、自分たちは正義を行い、彼女たちの無念を晴らすべく、これからも粘り強く活動していくんだと強い信念を抱いているということです。

これではいくら日韓の間で色んな取り組みをしたり合意を結んでも、この集団が納得するわけがありません。

“次元の違う北朝鮮の慰安婦証言:犬で犯そうとし、胎児を刺し殺し、子宮をタバコで焼き、朝鮮と中国の女性150人を並べて首を切る” の続きを読む

米国 vs イラン じわり広がる対話を求める声

去年のロケットマン発言とは対照的だった今回のトランプ大統領の国連演説。

今回の的はイランでした。

国連の場で盛大に罵り合いを繰り広げています。

「イランの指導者は混沌と死、それに破壊の種をまいている」

凄いこと言います。「混沌と死」「破壊の種」。なかなかの暴言です(笑)

対するロウハニ大統領。

「一方的で正当性がない」「アメリカの制裁は経済的なテロだ」と反論。

経済的”テロ”と言うあたりが、中東の親イラン派を援助して、テロ活動を扇動していることへの後ろめたさがあるのかもしれません。(サウジやイスラエルも米国のバックアップ受けて似たようなことをしていますからお互い様ですが)

“米国 vs イラン じわり広がる対話を求める声” の続きを読む