リベラルが嫌われる理由 『朝日ぎらい』より

橘玲著『朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論 (朝日新書)』。ネトウヨさんが喜ぶような朝日をボコボコに非難する本ではなく、副題にあるようによりよい世界にするために、リベラルへ苦言を呈する本になっています。

朝日叩きからの日本素晴らしい論、リベラル叩きからの日本最高論、中国・韓国叩きからの日本は偉大論、という巷の右翼本とは一線を画しますね。

私も別にこういう本が嫌いではないですが、もはや食傷気味で「昔の人間なんて今の道徳水準で考えればみんなロクデナシだっつーの、馬鹿じゃないの?」という感想しか抱けないので、橘玲氏のような本には一服の清涼剤のように感じます。

特に最後のあとがきが「うんうん、その通り!」と思わされたので紹介しておきます。

“リベラルが嫌われる理由 『朝日ぎらい』より” の続きを読む