日韓関係に大ダメージ「徴用工」裁判結果の影響とその解決方法

徴用工の判決が出ました。憂鬱ですね。

北朝鮮の第一級戦略目標である、1965年の日韓基本条約の破綻が成し遂げられそうな勢いです。

経済面ばかり注目されがちですが、日韓基本条約の重要な点は韓国が日本に「朝鮮半島の合法政府は唯一韓国のみ」を認めさせたことです。

李承晩が盛大に駄々をこねて「韓米相互防衛条約」をもぎ取り、朴正煕が挟み撃ちのリスクをなくすために当時北朝鮮よりだった日本に認めさせた「半島唯一の合法政府」。

この二つの外交遺産が今も韓国を守っているわけです。

そして、北朝鮮はこれにずーっと反対し、破綻を目指してせっせと工作をしてきました。

長年の努力が実を結び、いよいよ日韓基本条約の瓦解が視野に入ってきました。

見事ですね。この執拗さには脱帽です。

日本国民の嫌韓感情はもはや揺るぎない感じになるでしょう。昔は、過去の贖罪意識もあって日本も同情的で譲歩しがちでしたが、もはやそんな気配は微塵もなし。

下手に譲歩したら国民の支持が離れます。選挙が命の政治家がそんな真似をするわけがない。

野党もこれはおかしいと超党派で韓国政府とバトルを繰り広げるでしょう。

韓国も事情は同じ。下手に譲歩したら落選します。韓国側も超党派でこの判決結果を支持していますから外交面で日韓は全面戦争に突入です。

両政府とも日韓関係を決定的に悪化させたくないとは思っているでしょうが、国民の民意に基盤を置く政治家がどこまで冷静になれるか疑問。

特に韓国は無理でしょうね。

“日韓関係に大ダメージ「徴用工」裁判結果の影響とその解決方法” の続きを読む

文在寅大統領 自叙伝『運命』から読み取れる、韓国進歩派の二重基準

文在寅大統領の自叙伝『運命 文在寅自伝』の日本語訳が10月頭に出版されています。

朴槿恵との大統領選挙前の出版なのでちょっと古いですが、非常に良い本です。

進歩派の建国神話がつづられています。

保守は保守で別の建国神話があります。

国民国家というのはだいたいその国ならではの建国神話があって、それが国民統合の土台となっているものです。

ある意味、韓国には二つの国家アイデンティティが並存しているような状態で、これが南南葛藤と言われる理念闘争を呼び起こしています。

“文在寅大統領 自叙伝『運命』から読み取れる、韓国進歩派の二重基準” の続きを読む

朝鮮新報の「虹の橋をかけて」シリーズに殺意を覚えた

朝鮮新報に訪朝した感想を綴る記事が掲載されています。

どれだけ脱北者が実態を訴えても、こういう輩がいつまでも消えないことにいら立ちを覚えます。

1960年ごろに書かれた寺尾五郎著『38度線の北 (1959年) (世界と日本)』や、日本の記者団が訪朝した感想を書いた『北朝鮮の記録―訪朝記者団の報告 (1960年)』で書かれているような言論が、いまだに出てくるんですから笑えません。

特徴的な内容をピックアップしてみます。

“朝鮮新報の「虹の橋をかけて」シリーズに殺意を覚えた” の続きを読む

地雷だらけの日中協力

安倍総理の訪中で、対中関係の改善が進んでいます。

訪中が7年ぶりというのも凄いですね。

基本メディアもこれを肯定的に報道していますが、米中新冷戦が勃発中にこの行動はリスクだらけです。

安倍総理が地雷を踏まないように願うばかりですね。

“地雷だらけの日中協力” の続きを読む

同じことを繰り返す南北 金大中「スケールが大きく、率直で、見識のある方」⇒金正日、文在寅「率直で淡泊、礼儀正しかった」⇒金正恩

産経で連載されていた『実録 韓国のかたち』が書籍化されました。

非常に良い本です。

読めば読むほど、金大中、盧武鉉時代と同じことを今も繰り返してるな~と思わされます。

特に笑ったのがこれ。

“同じことを繰り返す南北 金大中「スケールが大きく、率直で、見識のある方」⇒金正日、文在寅「率直で淡泊、礼儀正しかった」⇒金正恩” の続きを読む