勝手に『戦犯旗』を創造して外交関係を棄損する韓国

「戦犯旗」ネタでギャンギャン騒いだところ、日本の海上自衛隊が10日から開かれる済州(チェジュ)国際観艦式に艦艇を派遣する計画を取り消すと韓国側に通知したとのことです。

反米・反日の親北団体は万々歳でしょう。

嫌韓ネトウヨさんも喜んでそうです。

この旭日旗ネタで良い指摘があったので紹介しておきます。

保守派メディアの『趙甲濟』より、バンダービルド氏の投稿。(URL:(斷想) 자충수 될 수 있는 ‘욱일기 금지법’

“勝手に『戦犯旗』を創造して外交関係を棄損する韓国” の続きを読む

金大中・盧武鉉・文在寅 三代続く南北共同宣言で得られたものはいつも一方通行

韓国の議員団が、10.4共同宣言を記念してお祝いのために大挙して訪朝中です。

「訪朝をエンジョイしてますけど、あんたらのすぐ隣で独裁統治に苦しむ同胞がいるんですよ?そっちはスルーですか?」と聞いてみたいものです。

まぁ交渉を継続させるにはそんなことも言えないでしょうが、無邪気にマスゲームや沿道に大量動員される人々を見て「素晴らしかった」とほざく無神経さはなんとかしてほしいものです。

さて、金大中大統領の6.15南北共同宣言、盧武鉉大統領の10.4南北首脳宣言、文在寅大統領の4.27板門店共同宣言と9.19平壌共同宣言と左派政権三代で繰り返し出される共同宣言、2000年6月15日の共同宣言から18年経つわけですが、大した進展はなく、成し遂げられたのは北朝鮮の核武装のみ。

いかに南北交渉が失敗してきたかがよく分かります。

長く続く対北朝鮮外交交渉ですが、反省点が米国と韓国では対照的です。

米国はオバマ時代の「戦略的忍耐」という「放置プレイ」を反省し、強力な圧力と経済制裁の徹底化が功を奏したと評価。二次制裁も厳格化して、中国企業にも被害が及ぶようにしたのは大きかったと言えます。

かわりに韓国は、金大中から始まる太陽政策が根本的に間違っていた、という反省ではなく、「信頼構築が不十分」で「もっと北朝鮮に歩み寄る(=譲歩)すべきだった」という考えのようです。厳密にいうと韓国左派の考えでしょうが、現政権要人の発言を聞く限り、そう思っていることは間違いなさそうです。

“金大中・盧武鉉・文在寅 三代続く南北共同宣言で得られたものはいつも一方通行” の続きを読む

制裁を一向に解除しない米国に業を煮やしてきた北朝鮮

北朝鮮が一向に制裁を解除する気がない米国にいよいよ業を煮やしてきた模様です。

昨日の朝鮮中央通信の「労働新聞」を引用する記事でそれがうかがえます。

“制裁を一向に解除しない米国に業を煮やしてきた北朝鮮” の続きを読む