『北朝鮮 絶望収容所』 目を見開いたまま死んだ娘

北朝鮮を語る上で、絶対に読まなければならない本です。これを日本全体で共有し、北朝鮮へ改善を強く要求し、そして実際に改善されない限り、日朝国交正常化はありえません。

 北朝鮮帰国事業で北送された在日朝鮮人の女性が収容所で受けた仕打ちを『北朝鮮 絶望収容所 (ワニ文庫)』より引用します。

これが在日帰国事業で帰った9万3千人が受けた、祖国からの仕打ちです。一人や二人ではありません。万単位で収容所送りとなりました。

この非道が停止されない限り、南北融和も日朝国交正常化も不可能でしょう。

“『北朝鮮 絶望収容所』 目を見開いたまま死んだ娘” の続きを読む