日韓関係に大ダメージ「徴用工」裁判結果の影響とその解決方法

徴用工の判決が出ました。憂鬱ですね。

北朝鮮の第一級戦略目標である、1965年の日韓基本条約の破綻が成し遂げられそうな勢いです。

経済面ばかり注目されがちですが、日韓基本条約の重要な点は韓国が日本に「朝鮮半島の合法政府は唯一韓国のみ」を認めさせたことです。

李承晩が盛大に駄々をこねて「韓米相互防衛条約」をもぎ取り、朴正煕が挟み撃ちのリスクをなくすために当時北朝鮮よりだった日本に認めさせた「半島唯一の合法政府」。

この二つの外交遺産が今も韓国を守っているわけです。

そして、北朝鮮はこれにずーっと反対し、破綻を目指してせっせと工作をしてきました。

長年の努力が実を結び、いよいよ日韓基本条約の瓦解が視野に入ってきました。

見事ですね。この執拗さには脱帽です。

日本国民の嫌韓感情はもはや揺るぎない感じになるでしょう。昔は、過去の贖罪意識もあって日本も同情的で譲歩しがちでしたが、もはやそんな気配は微塵もなし。

下手に譲歩したら国民の支持が離れます。選挙が命の政治家がそんな真似をするわけがない。

野党もこれはおかしいと超党派で韓国政府とバトルを繰り広げるでしょう。

韓国も事情は同じ。下手に譲歩したら落選します。韓国側も超党派でこの判決結果を支持していますから外交面で日韓は全面戦争に突入です。

両政府とも日韓関係を決定的に悪化させたくないとは思っているでしょうが、国民の民意に基盤を置く政治家がどこまで冷静になれるか疑問。

特に韓国は無理でしょうね。

“日韓関係に大ダメージ「徴用工」裁判結果の影響とその解決方法” の続きを読む