アメリカ最高裁判事が入院 

米国最高裁判事のルース・ギンズバーグ判事が入院しました。

トランプ氏の退任までは現職を退かないことを明言しているリベラル派の判事の入院。

入院の経緯はこちら。

米連邦最高裁は8日、ギンズバーグ判事(85)が最高裁の執務室で転倒し、首都ワシントン市内の病院に入院したと発表した。肋骨が3本折れているという。ギンズバーグ氏はリベラル派で、現在の判事の中では最高齢。

最高齢の米最高裁判事が入院 リベラル派

 

執務室で転倒して肋骨を3本骨折。85歳でこのケガは深刻です。

トランプが引退するまでは這ってでも仕事を続けるという強い意志をお持ちのようですが、これは引退するしかないかもしれません。

仕事続けられないですからね。

“アメリカ最高裁判事が入院 ” の続きを読む