南北鉄道連結共同調査 さっそく「北京冬季五輪は列車で行ける」と前のめり発言が飛び出す

文政権が粘り強く制裁の例外措置を求めつづけていた南北鉄道連結の共同調査が認められました。

さっそく前のめり発言が連発しています。

イム・ジョンソク大統領秘書室長いわく「平壌宣言に含まれた着工式も年内に可能だろう」「非核化とともに速度を上げれば、2022年には京義線に乗って新義州(シンウィジュ)まで行き、丹東(タンドン)で乗り換えて北京に冬季五輪の応援に行くこともできるだろう」とのことです。

認められたのは「共同調査」だけなのに、それを飛び越えて早速着工式(=工事開始)も年内に行けまっせ!と世論を煽ってます。

“南北鉄道連結共同調査 さっそく「北京冬季五輪は列車で行ける」と前のめり発言が飛び出す” の続きを読む