経済制裁はボディブローのように効く ロシアから距離を取るベラルーシ

ロシアとポーランドの間に位置するベラルーシ。

政治・経済・軍事とガッツリ結びついており、もはや一体化していると言っても差し支えない状態の両国。

伝統的に緊密な親露国家だと思っていましたが、ロシアから距離を取ろうとしているようです。

そんなことになっているとは驚きました。

こんな暴言を堂々と言うほどに関係が悪化している模様です。

プーチン大統領をニワトリ呼ばわり。

マジか。

そこまで関係悪化してんの?

驚くわ。

例えるなら韓国の文大統領がトランプ大統領に「あいつは狂人だ」と言うようなものですよ。

ありえないことが起きています。

“経済制裁はボディブローのように効く ロシアから距離を取るベラルーシ” の続きを読む

韓国軍レーダー照射問題 どうやら韓国側が苦しい嘘をついている可能性大

昨日のBSフジLIVE プライムニュースは、レーダー照射問題や徴用工問題を取り上げた『”超低温”日韓関係の行方』というテーマでした。

分かりやすくまとまっていましたので紹介しておきます。

さすがに現場の反日馬鹿が暴走して、自衛艦機にレーダー照射して回避行動を取る姿を見て、留飲を下げるような狂った行動をしていたなんてことはないだろうと思っていましたが、状況証拠を見る限りその可能性も捨てきれなくなってきました。

やってることは中国と一緒です。

現時点での争点を整理すると次のようになります。

“韓国軍レーダー照射問題 どうやら韓国側が苦しい嘘をついている可能性大” の続きを読む

日韓関係が良くなる可能性はほぼ皆無

もはや関係悪化の可能性以外ない日韓関係。

笑えない状況なんですが、なぜか乾いた笑いが出てきます。

レーダー照射も「お前が悪い」「いや、お前の方が悪い」という最悪な状況。

どちらの言い分も分からんでもないな~という感じなので、お互い譲歩することなくどんどん関係が悪化していくことでしょう。

“日韓関係が良くなる可能性はほぼ皆無” の続きを読む

韓国海軍 衝撃のレーダー照射

衝撃のニュースが飛び込んできました。

20日に日本海で警戒監視のために飛行していた海上自衛隊のP1哨戒機が韓国軍の艦艇から、射撃管制用のレーダー照射を受けていたとのこと。

「火器管制用のレーダー照射=攻撃一歩手前」です。

ドン引きですわ。

テレビ見てのけぞったよね、マジで。

岩屋防衛大臣は記者団に対して「不測の事態を招きかねない極めて危険な行為だ」と述べ、韓国側に抗議したとのこと。

当然です。

いくら文句を言っても言い足りないでしょ。

ただ韓国側の言い分も説得力があります。

“韓国海軍 衝撃のレーダー照射” の続きを読む

トランプ大統領 中東政策の大転換を決定

トランプ大統領がシリアからの撤退を決定した模様です。

報道ではマティス国防長官をはじめ、色んな高官の反対を押し切って独断で決定した!というような報道です。

が、これは嘘です。

それこそ就任当初から中東から撤退する気満々でした。

そして、この判断は何もトランプ大統領の個人の考えから出てきたわけではなく、リアリスト系国際政治専門家たちの総意と言えます。

韓国のリアリスト系国際政治専門家の李春根博士もこの点を指摘しています。

“トランプ大統領 中東政策の大転換を決定” の続きを読む