アメリカ世界戦略の大転換 「リベラルな覇権」から「オフショアバランシング戦略」へ

以前の投稿でも触れましたが、米国の世界戦略がトランプ大統領のもと、大々的に再編される準備が進もうとしています。

多少強引でも中東から手を引き、欧州からも手を引き、米国の脅威となる国家には対象地域にいる地域国家を後方支援して脅威を抑え込む政策へと世界戦略の大転換が進みそうです。

これを「オフショアバランシング戦略」といいます。

この概念は何もトランプ大統領から始まったわけではなく、リアリスト学派の国際政治専門家が提唱し、戦略の変更を呼びかけ続けていたもので、オバマ時代の「アジアピボット」もこの大戦略の一環だと言えます。

そのオフショアバランシング戦略がいかなるものかがまとまっているのが『フォーリン・アフェアーズ・リポート2016年7月号』に掲載されている「アメリカはグローバルな軍事関与を控えよ――オフショアバランシングで米軍の撤退を」(ジョン・ミアシャイマー/シカゴ大学教授(政治学)、スティーブン・ウォルト/ハーバード大学ケネディスクール教授(国際政治)共著)です。

中東からの撤退に最後まで反対していたマティス国防長官辞任で本格的に進むであろうオフショアバランシング戦略への転換に向けて内容を紹介します。(フォーリン・アフェアーズを定期購読すればこちらで全文が読めます『アメリカはグローバルな軍事関与を控えよ ―― オフショアバランシングで米軍の撤退を』)

“アメリカ世界戦略の大転換 「リベラルな覇権」から「オフショアバランシング戦略」へ” の続きを読む