文在寅大統領の1月10日新年の記者会見を予想

1月10日に、文在寅大統領が新年の記者会見を行います。

日本のメディアでは、「日本企業に元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁判決や、韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題などで悪化している日韓関係について、見解を表明するとみられる」(参考記事:文大統領、10日に記者会見=日韓関係で見解表明へ)というような報道がなされています。

私の予想では、日韓関係については「友好が大事」「お互いが自制しよう」みたいなことを言うだけで、踏み込んだことはまず言わないでしょう。

文政権の対日姿勢は、「反日」ではありません。「無日」です。

興味なし、放置、スルー。

この手の単語が当てはまります。

“文在寅大統領の1月10日新年の記者会見を予想” の続きを読む

レーダー照射問題:脱北阻止の人権蹂躙加担・違法操業支援の制裁違反より、日本との関係悪化の方がマシという判断

お互いが動画公開&多言語化で国際世論戦の様相を呈しているレーダー照射問題。

順調に日韓の罵り合いが拡大中です。

韓国は、せっせと多言語化にいそしんでいます。

フランス・ロシア・スペイン・アラビア語翻訳までやって意味があるのか謎ですが、頑張ってますアピールとしては意味があるのかもしれません。

まぁ、お互い「国際世論に自分の正当性を訴える」と言っていますが、世界は日韓のこの問題に興味なしです。

この件に触れる報道はほぼ皆無。

そんなことより金正恩訪中や、第二回米朝会談の話の方がよほど重要視されています。

ま、しょせんそんなもんですね。

“レーダー照射問題:脱北阻止の人権蹂躙加担・違法操業支援の制裁違反より、日本との関係悪化の方がマシという判断” の続きを読む