レーダー照射と徴用工 左翼番組サンデーモーニングでさえ批判的

絶賛炎上中のレーダー照射問題と徴用工問題。文大統領が新年の記者会見で追加の燃料を投下してくれたおかげで、順調に燃え上がっております。

この件で、「いきなり政府が公的に抗議したり映像を公開したのが悪い!」と日本側を批判する人たちもいますが、まったく会話にならなかったからこそ公開に踏み切ったわけです。

証拠映像を公開しても「威嚇的な飛行をしたお前が悪い。謝れ!」という反応を見ても、会話にならなかったんだろうなということは容易に想像できます。

さて、この件で左に偏った報道で名高い「サンデーモーニング」はどう報じるのか楽しみにしていました。

どう擁護するのかな~、どう韓国側に立った言い訳をひねり出すのかな~と思っていましたが、かなり批判的な反応。まぁ青木理氏が欠席してからかもしれませんが、これにはちょっと驚きました。

それもこれも、文大統領の新年の記者会見の発言という”追加爆撃”のおかげです。

この追加爆撃が「そうは言っても隣国の友好国だし」とギリギリまで韓国を庇っていた人たちに直撃したようです。

それが分かるコメントがこちら。

“レーダー照射と徴用工 左翼番組サンデーモーニングでさえ批判的” の続きを読む