盧武鉉政権時代と同じ道を歩む文在寅政権

盧武鉉時代とは違い、米国大統領とは良好な関係を維持したまま北朝鮮融和路線を突き進んでいたかに見えた文政権の対北政策ですが、米朝ハノイ首脳会談決裂から風向きが180度変わってきました。

この調子だと、文政権の末路は盧武鉉政権末期と同じ道を歩むことになるかもしれません。

盧武鉉元大統領のトンでも語録が収録された、表紙が挑発的なこの本。

同じような表紙で文在寅大統領をこき下ろす本が出版される日も遠くなさそうです。

この本から今後の文政権の未来が類推できる内容を引用します。

“盧武鉉政権時代と同じ道を歩む文在寅政権” の続きを読む