徴用工問題:仲裁委員会開催を要請 もし日韓両政府での基金設立案で応じられたらかなりやっかい

日本政府が韓国政府に対し、徴用工問題について第三者を交えた仲裁委員会の設立を要請しました。

国家安全保障を優先してレーダー照射は日本政府もスルーするようですが、徴用工問題では「韓国政府にしっかり対応してもらうぞ」と引く気配はありません。

再三協議を要請しても「検討します」という返事だけで、4カ月音沙汰なし。

放置状態で気づいたら資産差し押さえと現金化目前。

さすがにしびれが切れたようです。 個人的にはちょっと遅い気はしますが、国際司法裁判所への単独提訴までテンポ良く進めてほしいですね。

韓国政府が無視するならそうせざる得ませんから。

責任は無視を決め込む韓国政府にあります。

“徴用工問題:仲裁委員会開催を要請 もし日韓両政府での基金設立案で応じられたらかなりやっかい” の続きを読む