日本許すまじ!で国論統一する韓国文政権

順調に炎上中の徴用工問題。

このネタをきっかけに「おたくらの輸出管理体制なってないんじゃねぇの?」とホワイト国から除外。

韓国は「難癖だ!ちゃんとやってるぞ!」と反論するも「北朝鮮に輸出した事実はない」というだけで、北朝鮮と仲が良い国々には輸出しまくっており、その国経由で流れてんじゃないの?という疑念が払しょくできない状態。

こりゃ一度ホワイト国指定外した後、元に戻すのはほぼ不可能でしょうね。

“日本許すまじ!で国論統一する韓国文政権” の続きを読む

緊迫化の一途を辿るイラン情勢

イラン情勢がえらいことになってます。

イラン核合意はほぼほぼ破綻状態。

フランスのマクロン大統領がイランへ行っていますが、イラン寄りの姿勢で米国を説得しようとしたことろでオバマ大統領ならともかく、トランプ大統領がYesとは言わないでしょう。

新たに厳しい条件での核合意をする意思がイランにあるなら対話も始まるでしょうが、やりすぎなくらい親イスラエルの現トランプ政権では実りある対話は難しいでしょう。

“緊迫化の一途を辿るイラン情勢” の続きを読む

日韓経済デカップリングが進む

いよいよ対韓経済制裁発動です。

実際は今までの優遇措置をやめて、その他大勢の国と一緒にするということ。

言い訳は完璧ですね。WTOも「優遇」をやめて「公平」にすることに文句は言えないでしょう。

ただ、個人的にはちょっと性急じゃないかとは思います。

“日韓経済デカップリングが進む” の続きを読む

トランプ大統領板門店電撃訪問 北朝鮮で宣伝映画化

なななんと!トランプ大統領が板門店を電撃訪問し、金正恩と会いました~~~~!!!、、、なんて驚きはまったくありません。

ふ~ん、で?って感じ。

しょせんは両方とも国内向けの点数稼ぎであり、今後始まる「いつも通り」の「北朝鮮の人権問題をスルーした」結果のあまり出ないだらだら交渉の始まりでしょう。

友好ムードを演出し、これ以上の追加制裁を回避しつつ、最悪でも現状維持を続け、人道援助なんぞをゲットしつつ、隙あらば制裁解除を狙い、金一族による独裁支配体制の維持に全力を尽くすのでしょう。

トランプ大統領の板門店訪問も、その交渉開始のためのイベント(セレモニー)ですね。

今後気になるのは金正恩のソウル訪問でしょうか。この米朝首脳会談?を受けて、文政権が金正恩へ「ぜひソウルへお越しください!」アピールが始まりそうです。

“トランプ大統領板門店電撃訪問 北朝鮮で宣伝映画化” の続きを読む