緊迫化の一途を辿るイラン情勢

イラン情勢がえらいことになってます。

イラン核合意はほぼほぼ破綻状態。

フランスのマクロン大統領がイランへ行っていますが、イラン寄りの姿勢で米国を説得しようとしたことろでオバマ大統領ならともかく、トランプ大統領がYesとは言わないでしょう。

新たに厳しい条件での核合意をする意思がイランにあるなら対話も始まるでしょうが、やりすぎなくらい親イスラエルの現トランプ政権では実りある対話は難しいでしょう。

“緊迫化の一途を辿るイラン情勢” の続きを読む