調子が戻ってきた北朝鮮報道 口汚さは天下一品

文大統領の光復節の演説。予想通りと言えば予想通り。

日本のメディアでは「批判のトーンを抑えている」「自制的」などと報道されていますが、基本「日本がこちらを忖度して行動せよ、しからずんば何もせず」という内容です。

別に批判しているわけではなく、日本も同じような姿勢なので、日韓関係は今後も変わらず悪化し続けていくことでしょう。

お互い特恵国待遇をやめて、その他大勢の国と同じ扱いになる。

だからと言って戦争になるわけでもなし、お互いがお互いを国内結束のちょうどよい相手に使っていくことでしょう。

それより予想外、というか期待以上だったのが北朝鮮の反応。

“調子が戻ってきた北朝鮮報道 口汚さは天下一品” の続きを読む