北朝鮮政府が真に恐れるもの

「北朝鮮政府が真に恐れるもの」というタイトルで、コロンビア大学で学ぶ脱北者の大学生がニューズウィークに寄稿していました。

要約はこれ。

“北朝鮮政府が真に恐れるもの” の続きを読む

独善的になったリベラル

ニューズウィーク日本版2月7日号に、リベラル嫌悪の根本的な原因が書いてました。

リベラル派は独善的で、自分の意見を人に押し付けたがり、見解の相違を受け入れられない――。それが、取材に応じたトランプ支持者ほぼ全員に共通する意見だった。

「リベラル派は見解の相違が生まれると、「そういう意見は面白い」とは言わず、自分の意見を相手に押し付けようとする」と、ニューヨーク州の元銀行重役ラールは言う。

「相手の意見を変えられないと怒りだすので、彼らとは議論もできない」

トランプ支持者たちは「リベラル」「保守」といったレッテル貼りそのものにも嫌悪感を示す。

「「保守派」だとか「トランプに入れた」ということは私を定義できるものではない。私はただ、国を愛する一人の国民だ」とハル・ラウリーは言う。

週刊ニューズウィーク日本版「特集:トランプ支持者の本心」〈2017年2/7号〉 [雑誌]』 P32

まさにリベラル原理主義者の困った特徴を言い表しています。

まぁ右翼も一緒ですけどね。

右も左も議論不可能な絶対教徒が問題だと言えます。

朝鮮学校を存続させるためには、在日朝鮮人数万人殺した相手を愛する教育をまずやめることでしょ?と言っても「差別差別」とまったく聞こうとしない人たちと一緒です。

保守派が正しくて素晴らしいとは思わないが、偽善者ではないでしょう。

堂々と自国が第一で己の利益のために頑張ります!と発言してその通り行動しているわけですから。

嘘つきじゃない分、まだ好感が持てます。

北朝鮮が作った『在日の歴史』で洗脳された専門家

北の、北による、北のための「在日の歴史」で幼いころから情緒形成教育を受けていると、こういう思考回路になる、という典型的なパターンが金明秀教授でしょう。

朝鮮学校に通っていたわけではなさそうですが、巷にあふれる従北さんたちが書いた「在日の歴史」で思考回路が形成されているようです。

大阪の補助金停止裁判で朝鮮学校側が敗訴したことについての発言にそれが表れています。

“北朝鮮が作った『在日の歴史』で洗脳された専門家” の続きを読む

朝日新聞の従北史「帰還事業20年を自画自賛」

「在日」論の嘘―贖罪の呪縛を解く』にも取り上げられた、朝日が実態が知られるようになった後も徹頭徹尾北朝鮮側に立って記事を書いていたことを証明する、「北朝鮮帰還二十年」という記事を読んでみました。

1979年12月17日(夕刊)の記事ですが、帰還事業の開始3年で希望者が急減し、全然話と違うということが帰国者から手紙で知らされていたにも関わらず、そういう事実を無視して絶賛できるのが朝日の凄いところです。それも20年後です。

この辺の朝日の悔い改めない姿勢は筋金入りです。

“朝日新聞の従北史「帰還事業20年を自画自賛」” の続きを読む

『太陽の下で』を見て

ロシア人映画監督が北朝鮮の実態を映した映画『太陽の下で』を見てきました。

北朝鮮当局がガンガン介入して口出ししている様子がバッチリ映像に収められています。この映像が検閲で没収される前に持ち出したファインプレーに拍手を贈りたいと思います。

予告動画はこちら。

印象に残った内容をいくつか紹介します。

“『太陽の下で』を見て” の続きを読む