異教徒より異端の方が凄惨な殺し合いになる

宗教戦争において、異教徒間より異端の方がより凄惨な結果になることが多い。

なぜか?

異教徒の場合、「あいつと俺は違う」というように自分と他者に分けて考えることができます。

異端はそうならない。

例えるなら、ドッペルゲンガーのように自分とそっくりな人間がもう一人いるようなものです。

もの凄く仲良くなる可能性もあるでしょうが、喧嘩になると超危険。

こう言っているようなもの。

「おまえは偽物で俺が本物だ!!」

想像してみれば分かります。自分とそっくりな人間がいて「お前は偽物だ!」とか言われるとかなりの恐怖です。

己の「存在」をかけて戦おうとしますし、逆に相手を抹殺して「存在」を消したくなります。

暗黒の中世と言われたヨーロッパの宗教戦争などがそれ。

宗教裁判、魔女狩り、火あぶり、人が恐怖を感じるとどこまでも残酷になれます。

朝鮮戦争も似たようなところがあります。

“異教徒より異端の方が凄惨な殺し合いになる” の続きを読む

日本も条件がそろえば在日と同じことをする

ちまたで騒がれている在日問題の諸悪の根源は、ほとんどが北朝鮮と朝鮮総連が作り出したもの。その問題点を断固改善しようとしないのがこの集団の特徴です。

裏で右翼扇動して差別を作り出す工作なんかは基本中の基本業務です。

いくら言っても改善しようとしない在日チュチェリアンに、在日コリアンが怒り心頭だったりしますが、その時に妙に自虐的になるのがとっても気になります。

「どうして在日はこうなんだ、、、」

「在日社会は一度滅んだ方がいいんじゃないか、、、」

「在日やってるのが嫌になるわ~、、、」

と、つぶやいて「在日という人種は、人として大きな欠陥を抱えている種族なのではないかと、、、」と始まります。

もうね、そのたびに内心、「民族は関係ねぇべ」とイラッとするんですよ。

北朝鮮と朝鮮総連というろくでもねぇ身内を持ったせいで、大変な目にあわされていることに深く同情するのが9割、なんでそんな自虐的なの?というイラつき1割といったところでしょうか。

それに輪をかけてイラつくのが日本の嫌韓&嫌在日の右翼。良くなってほしいという善意がベースにある在日への苦言は良いのですが、優越意識が見え隠れする日本人の在日への苦言にはうんざりさせられます。

差別とかそういう話しではなく、「おめぇのその自信はどっから出てくんの?」というイラつきです。

在日の妙な自虐意識と、日本人の意味不明な優越意識を苦言を呈したいので、日本人だって在日の失敗と同じようなことやっているよ、という事例を紹介します。

“日本も条件がそろえば在日と同じことをする” の続きを読む

金日成生誕 太陽節を祝う女性同盟所属の在日朝鮮人

嫌韓ネトウヨさんがなぜかスルーする朝鮮新報。金日成の誕生日を祝う記事を掲載。

朝鮮民族の仇敵と言える相手の誕生日を毎年せっせと祝っています。

帰国事業で北送された在日同胞が、政治犯収容所で生き血を絞るようにして殺されました。その人たちがこの姿を見たら地面を叩いて怒り狂うことでしょう。

太陽節を祝い女性同盟結成70周年を記念する東京顧問たちの集い

“金日成生誕 太陽節を祝う女性同盟所属の在日朝鮮人” の続きを読む

「忘却」という第二の殺戮

ぼちぼち有名な話しに、北朝鮮の超有名女優が、朝鮮総連幹部の息子とカーセックス中に死亡した事件があります。

北朝鮮党幹部の乱れ切った性生活もありえませんが、この女優を同僚の俳優たちの目の前で公開銃殺し、出演していた映画のフィルムを焼き捨て、すべて別の女優で撮りなおしています。

この過去にさかのぼって記録を改ざんし、死者を鞭打つような忘却という第二の殺戮を平気でできる国家体制に戦慄させられます。

この事件のことが書いてある著書から該当部分を引用します。

“「忘却」という第二の殺戮” の続きを読む

韓国の自虐史観を日本の保守を使って広める

なんでもかんでも従北呼ばわりする気はないですが、日本の保守サイドに対する北の浸透工作がとってもうまくいっているように見えます。

北の基本方針は、韓国の従北左翼が主張している自虐史観を日本の保守を使って広めること。

工作員とは思いませんが、呉善花教授の著書はちょっと微妙です。

日本の左翼はやたらと日本に厳しいですが、呉善花教授の言論は日本左翼の韓国版のように思えます。

最近の著書『さらば、自壊する韓国よ! (WAC BUNKO 252)』で、気になったところを指摘しておきます。

“韓国の自虐史観を日本の保守を使って広める” の続きを読む